商店街のご案内

熊本市駕町通り商店街振興組合

駕町商店街

熊本市駕町通り商店街

通町筋の鶴屋百貨店とパルコ熊本店の間から銀座通りとの交差点までが駕町通り商店街です。
昭和48年8月に振興組合として設立されましたが当時は「熊本市中央商店街」と呼ばれており、平成3年のアーケード改修時に一般公募により、現在の「駕町通り」に決定致しました。

この一帯はその昔、代継宮の神田でしたので神田原と呼ばれていました。加藤清正が代継宮とその神領を白川左岸に移し、跡地に侍屋敷を開きましたが、その頃からこの一帯は切米取りと呼ばれる同一職種の侍屋敷となっています。

この通りは、藩主とその一門の人々を乗て運ぶ御駕籠衆の居住地でしたから、俗に御駕小路とか駕丁と呼ばれていました。 駕丁の東の通りは戦のときに幟を掲げる御昇衆の居住地で昇町、西の通りはお抱え力士の居住地の相撲町と呼ばれ、明治12年に正式の町名となり、明治40年までその町名が続いていました。

基本情報

所在地 〒860-0802 熊本市中央区中央街1-30 ハッピービル2F (GoogleMap
電話番号 096-351-0965
FAX番号 096-342-8700
代表者 理事長 谷口 正氣
役員数 理事 9名 / 監事 2名
組合員数 51名
設立年月日 昭和48年8月23日
事務局責任者 林 健一
URL http://www.kagomachi.com/