熊本県内の商店街の支援、商店街の活動を広く広報し、地域の活性化に努めます。

ご意見・ご感想はこちらから ご意見・ご感想はこちらから

支援情報

news

熊本県地産地消協力店の募集について

■熊本県地産地消協力店の募集について■

県民のみなさんが、県産品の購入・利活用を進めていただくために、県産品の良さをPRしていただく販売店、飲食店を「熊本県地産地消協力店」として指定しておりますが、本年度も7月1日から協力店の募集を開始いたします。

詳細は⇒地産地消協力店

20150629150943_0000120150629150907_00001

「平成27年度 くまもと商人リーダー塾」の開催について

商店街の繁栄又その役割、社会的機能(地域コミュニティや文化、まちづくりの担い手)を継続して発揮していくためには商店街の次世代を担うリーダーが必要です。今回は女性リーダーの育成も目指します!

修了者には、熊本県から「熊本まちなかリーダー」の認定書が交付されます。

H27リーダー塾チラシ_ページ_1

 

H27リーダー塾チラシ_ページ_2

※お申し込みはこちら⇒H27リーダー塾申込書

 

「外国人旅行者向け消費税免税制度」説明会について

既報のとおり4月1日から「手続委託型輸出物品販売場制度」が始まりましたが、本制度の説明会が経済産業省・中小企業庁・観光庁・国土交通省の主催により4月24日から5月14日の間に全国10ブロック12箇所で開催されます。

経産省HP (こちらから申込みできます)

 

(情報)UDやさしいまちづくりアドバイザー派遣事業

(情報)熊本県健康福祉政策課 福祉のまちづくり室より

ユニバーサルデザイン(UD)を理念としたやさしいまちづくりを展開していくためにその実践・取組をしようとする企業・団体・市町村等を支援します。

例えば・・・

◆ お客様の満足されるサービス・おもてなしに取り組みたい場合
◆誰もが使いやすく魅力的な製品やパッケージ・容器を開発したい場合

◆商店街で誰もが利用しやすいサイン計画を策定したい場合
◆高齢者・障がい者の方が利用しやすい住宅・家具を開発したい場合
◆誰もが快適に過ごせる施設のバリアフリー改修を行いたい場合  などなど・・・

UDやさしいまちづくり

上通商栄会が「がんばる商店街30選」に選ばれました!!

中小企業庁は、地域の特性・ニーズを把握し創意工夫を凝らした取組により、地域コミュニティの担い手として商店街の活性化や地域の発展に貢献している商店街の取組事例を「がんばる商店街30選」で紹介しています。

上通商栄会:ここに注目!!

「ブランディングによるファンづくり×消費者との接点づくり」で、長く愛される商店街に!

がんばる商店街30選
 

平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金 1次募集及び公募説明会

 

【熊本県中小企業団体中央会 情報】

平成26年度補正予算の成立に伴い標記事業、通称”ものづくり補助金”の1次公募を2月13日より開始しております。

再度、公募説明会開催のご要望をいただました。

参加ご希望の方は、下記のHPの「ものづくりコーナー」をご参照いただきお申し込みください。

こちら⇒http://www.kumachu.or.jp/

 

小規模事業者持続化補助金 受付始まる!

 

このたび、正式に募集が開始されましたので、情報提供申し上げます。

本補助金のポイントは下記の通りです。

 

  • 経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます
  • 計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます
  • 小規模事業者が対象です
  • 申請にあたっては、最寄りの商工会議所へ事業支援計画書の作成・交付を依頼する必要があります。依頼はお早めにお願いいたします

 

下記に商工会議所受付の持続化補助金の案内サイトのURL、および、熊本商工会議所で配布しているチラシを添付いたします。

 

持続化補助金サイト

http://h26.jizokukahojokin.info/

 

 

※なお、商工会地区の事業者様も補助金の受付がスタートしていると思いますが、 商工会議所と商工会では受付方法および公募要領、様式(書式)等に若干違いがありますので、ご注意ください。

チラシ⇒持続化補助金

 

商店街青年部活性化推進事業 研修会

平成27年2月5日(木)18時より、くまもと県民交流館パレアにて県振連青年部研修会を開催しました。

【講師】株式会社 とかげや   株式会社 まちづくり松山  代表取締役社長 加戸 信太郎様

【演題】松山中心市街地活性化の取組み

1.松山中央商店街の現状

2.動き始めた若手経営者による活動

3.構想から事業化へ

4.今後のまちづくりの方向性

まちづくりを通して人材を呼び起こすためには、円卓の輪を広げること!!イベントに関係するそれぞれが主体的に参加する。まちに思いを持つ多くの人が関われるような仕組みを構築することだ。

連携の強化がまちづくり松山の役割である。また目指す方向性や考えを共有し域内の回遊性を高めるために松山まちづくり青年部協議会を発足した。

みんなでつくろう松山のまち!!!

充実した研修会有難うございました。

講師:加戸信太郎氏

講師:加戸信太郎氏

県振連青年部

県振連青年部